top of page

防音シェアハウスでの生活はどんな感じ?

ご覧いただき誠にありがとうございます。Gakkika-House管理人の佐藤フミヤと申します。

今回はシェアハウスで暮らしたことがない方向けに、Gakkika-Houseがどのようなシェアハウスなのか、ご紹介していきたいと思います。

Gakkika-Houseは神奈川県川崎市に3軒ありまして、5LDKの一軒家が2軒、4Kの団地が1軒です。一軒家の方は駐車場が2台分それぞれ付いてまして、収納やバルコニーBBQスペースもあったりします。

各居室には1人ずつ入居されていて、キッチン、お風呂、洗面所、トイレ等は共有になっています。お風呂はすべてユニットバスではない広めの作りになっていて、キッチンも単身者用と比べるとかなり広いです。


家賃+光熱費がかかるのですが、光熱費に関しては入居者で使った分を割る形になり、インターネット代や基本料金も割ることになるので、一人暮らしに比べてかなり割安になります。

ここまでは普通のシェアハウスとあまり違いはありませんが、Gakkika-Houseの特色である”防音”が、大きな違いになっています。Gakkika-Houseは各居室を防音リフォームしているので、他のシェアハウスと比べて生活音が響きづらくなっております。一般的なアパートと比べても、居室内はかなりの静かさになっており、作業に集中できます。


一般的なシェアハウスのイメージですと、住人がみんな仲が良く、共有スペースには常に人がいて、ワイワイした雰囲気が想像出来るかと思いますが、Gakkika-Houseは少し違います。

入居者によって様々ですが、基本的に皆様自分の活動に集中されていて、頻繁に共有スペースで話したり、という雰囲気では無く、共有スペースで会ったときは挨拶程度で、たまに近況報告をし合ったり、軽く世間話をしたり、といった感じです。夢を追う以上、家の中がワイワイし過ぎていると、自分の活動に集中するのが難しくなってしまいますよね。

皆様がそれぞれ自分の活動に集中していれば、たまに話した時に刺激をもらえたり、アドバイスし合えたり、人脈的な繋がりも増えていきます。そうして自分の道で成功され、退去されていった方もいます。

結論、Gakkika-Houseでは基本的に自分のことは自分でして、自分の活動に集中しつつ、周りからの刺激をもらいながら成長していける。そんな雰囲気作りの為に、日々改良を続けています。

ご興味のある方は是非ホームページをご覧いただき、公式LINEからお問合せお待ちしております。最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

Gakkika-House管理人 佐藤フミヤ

公式HP*****https://tokyosoundbox.wixsite.com/sharehouse 公式LINE***https://lin.ee/D6nMOPd Instagram**https://www.instagram.com/gakkika.house/ Twitter*****https://twitter.com/gakkikahouse


Comments


bottom of page